NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

浦上天主堂と解体作業中の人々

浦上天主堂と解体作業中の人々 資料名浦上天主堂と解体作業中の人々
資料番号6-41-01-02-0002
寄贈年月日
寄贈者名
撮影者名 米軍
資料説明

手前中央は瓦礫の解体作業をする信徒や一般のアルバイト。左奥には1946(昭和21)年11月に落成する仮聖堂の基礎工事のための木杭が立てられている。中央左は南鐘楼の基礎部分、右に倒壊した鐘楼ドームの頭頂部。その間の日陰になっている部分に「アンゼラスの鐘」が角材に吊るされている。
爆心地から東北東 約0.5km 撮影時期:不詳 2014(平成26)年米国国立公文書館収集

この資料を見た方は、下の資料も見ています。