NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

米軍に接収された活水女学校

米軍に接収された活水女学校 資料名米軍に接収された活水女学校
資料番号6-39-00-00-0026
寄贈年月日
寄贈者名
撮影者名 米軍
資料説明

長崎市東山手に建つ活水女学校。爆風による窓ガラスが破損する被害があった。8月9日のうちに衛生班が駐屯し、負傷した市民が治療を受ける臨時救護所になった。
市内の鉄筋コンクリート建築物のうち延べ面積1,500㎡ 以上の建物で、米軍が必要と認定したものは接収されることになった。このため、活水女学校も十二番館を除き接収された。正面玄関には星条旗と「Headquarters CO.(海兵隊基地本部)」の看板が見える。
爆心地から南 約4km 撮影時期:1945(昭和20)年10月23日 2015(平成27)年米国国立公文書館収集