NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

高熱により変形した瓦

高熱により変形した瓦 資料名高熱により変形した瓦
資料番号1-01-04-10-0012
寄贈年月日2012/2/23
寄贈者名 髙木明夫
資料説明

寄贈者・髙木明夫さんの祖父である髙木定男さんが当時、長崎医大に勤務していた男性から贈られたもの。

保存していた箱に添付されたメモには「昭和20.8.9午前11.07時 長崎に米軍より原爆投下により…瓦が原型なきまでに…変形したものである。(放射能の威力は実に驚くばかりである)当時長崎医大に勤務して居られた男性より原爆記念品として拝領す。」とある。

この資料は、長崎医科大学(爆心地から500m前後)での被爆の惨状を示す資料であるとともに、被爆後、一定の時期まで、被爆瓦が身近なものとしてあったこと、それを原爆記念品としてやりとりしていたことを示す貴重な資料である。