NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

松山町の高台から下ノ川橋方面を望む

松山町の高台から下ノ川橋方面を望む 資料名松山町の高台から下ノ川橋方面を望む
資料番号6-12-01-04-0014
寄贈年月日2001/1/16
寄贈者名
撮影者名 林重男
資料説明

手前は松山町の高台南端一帯。
中央を斜めに走る県道(現在の国道206号。左、長崎駅方面~右、道ノ尾駅方面に至る)と下の川(左、上流)が交わるところは下の川橋。
松山町高台と下の川橋の間に爆心地がある。
右奥浦上川(手前、上流)の両岸の煙突が見えるところは左側が三菱長崎製鋼所第2工場(現在の長崎原爆病院付近一帯)、右側が、同第3工場(創価学会長崎池田平和会館付近一帯)。