NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

体内から摘出されたガラス片

体内から摘出されたガラス片 資料名体内から摘出されたガラス片
資料番号1-02-00-21-0011
寄贈年月日2011/7/25
寄贈者名
資料説明

女性の体内から摘出されたガラス片。

女性は、宝町の自宅で被爆し、子供を背負って逃げた。自宅は火災で焼失し、畳替えのため、積み上げていた20枚の畳は炭のようになっていた。

ガラス片は、1994年(平成6年)、女性が86歳の時に、左鎖骨の下付近から手術により摘出されたもの。