NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

無題

無題 資料名無題
資料番号3-01-06-03-0005
寄贈年月日
寄贈者名 筑田銀十郎
資料説明

(作者コメント:原文のまま)当時26才、昭和8年8月9日茂木町二見茶屋の所にて爆音見上たとたん、私し顔半面やけどしました。家の裏にかくれ爆風さけ、土にたたきつけることなんをのがれました。タオル水にひたしながら川でからだあらい。ひやしながら宮(1字不明)の大場さん方に1宿お世話様になりました。10日茂木町郵便局にて電報無事と書いている時、妻がたをれました。当時婚7ヶ月でした。筋向ひの森病院につれて行きました(目も顔もはれました)……爆風でやられた方がたひさんなことでした。やぶの中にかくれいる人むざんなのものでした。田上の堀切より浦上方面火海。(米軍上陸の情がながれました)おびえて、矢の平町1丁目三浦さん方に1宿お世話様になりました。長崎から五島に帰へりました。一週間後、引上げる軍陸とともにのりこみました。長崎港で1日停船、11時頃上陸いたしました。(H14年度、NHK、長崎新聞社などと共催して募集した「被爆者が描く原爆の絵」作品)

この資料を見た方は、下の資料も見ています。