NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

無題

無題 資料名無題
資料番号3-01-06-03-0001
寄贈年月日2002/7/16
寄贈者名 相田幸造
資料説明

(作者コメント:原文のまま)原爆が投下された8月9日、私は諏訪神社の参道に接した炉粕町に住んでいました。勝山国民学校の3年生でした。警戒警報が解除されたので防空壕から出て来たところで閃光を受けました。然し、爆心地が一山隔てた場所であった為に、直接的な身体の損傷は無く、一応助かりました。昼が過ぎて3時頃だったと思います。お諏訪さんの参道の中間附近にある、こま犬の近くで遊んでいますと何処かで治療を受けた被爆者が十数人、参道の石段に座って休んでおられたのを記憶しています。(H14年度、NHK、長崎新聞社などと共催して募集した「被爆者が描く原爆の絵」作品)

この資料を見た方は、下の資料も見ています。