NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

無題

無題 資料名無題
資料番号3-01-06-02-0057
寄贈年月日2002/7/15
寄贈者名 中島廣喜
資料説明

(作者コメント:原文のまま)此の絵は、昭和20年8月10日の浦上川々下より竹岩橋方面を望んだようすの追憶図である。私は、三菱電機(株)長崎製作所に勤務中であったが、職命により、数名の同僚と鎮西学院中学(現在の活水中学)内に疎開していた分工場の偵察に行く途中の惨状である。それは、あまりにも悲惨な場面であり、今日まで深く脳裏に焼きついているので、敢えて描いた次弟です。左側は、竹之久保町の民家の家並が全焼していて、前方の少し高台の付近が、くすぶったり、もえ上がったりしていた。西岸の道路には、無数の遺体が散乱していたが、ほとんどの人が全裸状態であった。道行く人達が、ありあわせの物を下腹部にのせられていたのが、せめてもの救いであった。前方の橋が竹岩橋で、その奥の方が、松山町方面であるが、すべて燃えつきていた。絵の右側一帯は、三菱製鋼所の被災の残骸である。空には、きのこ雲の名残りと、火災の黒煙のかたまりが、まだ延々と停滞していた。見渡す限りの風景はすべて赤茶けていた。私達一行は、堤防の上を小走りで通り過ぎたのであるが。17才夏の暗く重苦しい思い出である。(H14年度、NHK、長崎新聞社などと共催して募集した「被爆者が描く原爆の絵」作品)

この資料を見た方は、下の資料も見ています。