NAGASAKI ATOMIC BOMB MUSEUM MEMORIAL DATABASE

English

長崎原爆資料館収蔵品検索

原爆資料館

≪ 戻る

無題

無題 資料名無題
資料番号3-01-06-02-0024
寄贈年月日
寄贈者名 大脇繁雄
資料説明

(作者コメント:原文のまま)一夜明けて八月十日午前中に、油木町商業高工に女子挺身隊の人達が働いていました。此の場面は、向がわ左は城山小学校です。中央は、市栄住宅付近です。右がわが油木町付近です。手前の小高い所は、護国神社です。跡形もなく燃えをちて。下の白い窓みたいな所は、女子挺身隊の防空壕で、前にたをれている居る人達ちわ、皆挺身隊です。頭がない人。手がない人。足がない人で。顔が焼けをちて、だれがだれだかわからない。ネームをたよりにさがしていた。防空壕の右の立物は食堂で、人が焼けていた。学校の路間に多くの人が寝かされているのは、まだ生存の人達です。(H14年度、NHK、長崎新聞社などと共催して募集した「被爆者が描く原爆の絵」作品)

この資料を見た方は、下の資料も見ています。